また一人、仲間が海外へ。議会だより原稿編集&温浴施設

2010年06月22日

初めてBP習志野へ。

きょうは少し遠出をしました。

行き先は千葉県の習志野市。

そこの玄関口である「新習志野駅」前には、

私が監査委員を務めている

江戸川競艇場の場外舟券売場である

「ボートピア習志野」(略称:BP習志野)があり、

そこの現地視察を行うためです。

20100622 習志野
     ボートピア習志野の概観。国際ホールのようです(^^)。

BP習志野は、平成18年9月に開業しました。

 

現地には江戸川の収益事業組合の

局長や職員と共に訪れ、場長が対応してくれました。

 

はじめに資料をもとに、

売り上げや入場者数の推移、

また運営面での改善努力などについて

説明を受けました。

 

その上で私の方からは、

有料席の料金の見直し状況や

従事員数の改善具合、

駐車場の利用状況などについて質問を

投げかけました。

デスクワークに続いては、

3階建ての場内を一巡するように

見せてもらうように求め、

場長に案内をして頂きながら、

随時質問もさせて頂きました。

 

その中で特に気になったのは、

施設自体がまだ新しく、

照明などもかなり明るい作りとなっているほか、

江戸川競艇場(これを本場といいます)のように

実際にレースをする水面がないことから、

テレビモニターの数が非常に多く、

「施設全体でかなりの電力使用量である」

との点です。

そこで「施設内のLED化」について訊ねると、

ほとんど取り組んでいないようでしたので

さっそく指摘させて頂きました。

 

資料などもいろいろ頂いてもきたので、

今後の参考材料にもしっかりとしたいと思います。

 

とは言え、一方では、

江戸川の本場でも

使えそうな営業努力やサービスの手法などもあり、

今後の本場の改善策としても生かしていきたいと

思います。

 

正直なところ、

電車だけで「片道2時間以上」だったので

時間的にきつかったですが、

非常に有意義でした。

やはり、百聞は一見にしかずですね。

 

これからも江戸川競艇場の収益確保や

経営改善に向け、

監査委員としてチェックなり、力なりを

尽くして参りたいと思います。m(ーー)m



kogomori at 20:25│Comments(0)TrackBack(0) 視察ニュース | 議会活動

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
また一人、仲間が海外へ。議会だより原稿編集&温浴施設