菅生高校、初戦突破!生涯学習コーディネーター養成講座。

2010年07月13日

武蔵野市立図書館へ。

最近、都心へ出る用事などに合わせて

自治体の「図書館めぐり」もしています(^^)。

今回は、三鷹駅から徒歩で15分ほどの

ところにある「武蔵野市立中央図書館」

へ行ってきました。

 

正面玄関から館内へ入って、まず感じたことは、

「エントランスの壁面の使い方」!

武蔵野市の中央図書館は

玄関から館内へ入ると、

右手の方に空間が広がり、

左手は壁面に。

この壁面には、

市内で開かれる行事や講座といった

「生涯学習」に関するチラシやポスターが

きれいに陳列され、手に取れるようになっています。

 

これなら図書館を訪れた行き帰りに

催しのチェックがしやすく、よい作りだと思いました。

これと比べて

あきる野市の中央図書館は

催しの案内チラシなどは

エントランス部分から外れた隅に

少々置いてあるだけで、目につきにくく

数も少ない。

よく言えば

「エントランスがスッキリしていて美しい」のかも

知れませんが、

私は「中央図書館は、公民館と並び、

市内の生涯学習の情報拠点」であるべきと考えており、

有効活用の余地が十二分にあるのではないか

と考えています。

 

また、武蔵野市からはこの春に策定された

「武蔵野市図書館基本計画」も頂いてきましたので、

さっそく読ませて頂き、参考にしたいと思います。

 

私としては、今回の武蔵野市のように

中央図書館の活用状況について

もう少し情報を集め、

市側へ提案したいと考えていますので、

近隣のよい図書館情報などありましたら、

ぜひ皆様からもお寄せ下さいm(ーー)m



kogomori at 21:24│Comments(0)TrackBack(0) 議員活動 | 視察ニュース

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
菅生高校、初戦突破!生涯学習コーディネーター養成講座。