2011年02月27日

読売新聞に取り上げて頂きました!

昨日のことになりますが、

読売新聞の朝刊(多摩版のページ)に

私の議員活動の様子が紹介されました(^^)。

20110226 読売新聞
        掲載された紙面。写真も載りました(^^;)

 

紹介されたのは、

4月の「統一地方選」が迫るなか、

「地方議員って、日々どんな活動をしているのか」

について特集するシリーズ

「ギインって、なに?」の第4話。

 

第4話のテーマは、

「議員による政策条例の提案」についてで、

 

各地で「ごみのポイ捨て禁止条例」などの

政策条例の制定に取り組んでいる議会や

議員について特集しました。

 

私は自身の議員マニフェストの中で

「議員からの政策条例の提案」を掲げており、

現在も「防災基本条例」や「観光立市基本条例」

などの政策条例づくりについて、

情報収集や調査研究をしています。

 

時間はかかるとも覚悟していますが、

地方分権が進むいま、私は何としても

議員や議会から政策条例を

積極的に提案することを、

「議会の一つの習慣としたい」と

考えています。

 

そんな私の議員活動としての姿勢に

報道機関として興味を抱いて頂いたのか、

今回は「寄附条例」の提案に向けた

準備状況などについてインタビューを受けました(^^)。

 

今回、こうした形で報道機関からの

取材を受け、また、多くの市民の皆さんから

感想を得たことで、

改めて身の引き締まる思いがしました(^^)。

 

そういった意味からも、

今回、取材の白羽の矢を立てて下さった

新聞社の方にも感謝しています。

 

記者から議員へと転身した時、

知人の一人が、

「子籠さんは、『取材する人』から『取材される人』

になるんですね」とエールを贈られたのを

取材を受けた時、ふと思い出しました(^^)。

 

今回の報道を契機に、

今後も政策条例の制定へ向け、

さらなる情熱を傾けて

研さんを重ねていきたいと思います!

 

長々と失礼しましたm(ーー)m

ぜひ図書館などで

ご覧になって頂ければ幸いですm(ーー)m

 

※あきる野市議会議員 子籠敏人ホームページ。



kogomori at 13:10│Comments(0)TrackBack(0)議員活動 | 政策実現

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔