病児保育室の利用制限について首相官邸HPにワクチンページ

2021年01月22日

町会向けコロナ予防助成金

【あきる野市】【東京都内】対象
町会・町内会・自治会で使えるコロナ助成金!

20210122 町内会

あきる野市はじめ、東京都内で
町会などの運営に携わっている方必見!

これはぜひ使ってもらいたい!

コロナの感染拡大防止のために
東京都が現在受け付けている助成金事業を
皆さん知っていますか?

これは主として、
…会の皆さんにコロナ予防の啓発チラシ
と啓発シールを配る。
△△錣擦峠菌スプレーとかも配る。
この作業などをするのに必要な物品も買って良い。

というもので「30万円」まで助成金が出ます!

で、私が注目しているのが、です!

東京都の募集要項を見ると、
買って良い物品の例として、
除菌液やフェイスシールドなどの他に、

「アクリル板」や「非接触型の体温計」、
「サーモグラフィー」「Wi-fi機器」といった
高額なものまでOKになっています。

これは町会の会館などで
配る準備をする際の感染防止対策として
買うことを認めているのでしょうが、

これらの物品は、
啓発事業が終わっても
町会で使い続けられます!

つまり、
この啓発事業をすることで
町会会館の感染防止措置を
併せて行うことが出来ます!!

感染予防のために会館に買いたいけど、
買えなかったものありますよね?

きっと買えると思います!
現状では集まりにくい
会館の環境を改善することが出来ます!

私だったら会館に備え付ける
空気清浄機的な除菌装置とか
付けたいですね。

チラシの印刷費とかも多少かかるとは思いますが、
30万円まで出ますので、
結構、物品代にも回せると思います。

町会の規模にも寄るかも知れませんが、
正直、30万円は大きいですし、
買えるものも色々あると思います。

創意工夫で会館の環境改善!
地元で発注すれば、
印刷屋さんも販売店も助かる!

ぜひ町会役員の皆さん、ご検討を!
ぜひ都内の議員の皆さん、担当課や
地元の方々に勧めてみては!

申請締切は、2月24日です‼️

事業完了後に、報告書を出す必要
などもありますので、
詳しくは、こちらを↓

あきる野市内には約80の
町内会・自治会があり、
私はぜひ多くの町内会・自治会に
活用してもらいたいと思っています。

市の担当課にも相談し、
推進をはかってもらうことと
しました。

あきる野市内だけでなく、
都内の町会で広く感染防止対策が
進むことを願ってます。(^^)


kogomori at 21:30│Comments(0) 日々の活動 | 議員活動

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
病児保育室の利用制限について首相官邸HPにワクチンページ